把握しておくべきポイント

訪問介護の仕事は利用者の自宅を訪問する形式である為、利用者に配慮したきめ細かな対応が要求されます。特に、ホームヘルパーの職務内容が利用者の日常生活のサポートとなることから、密なコミュニケーションが必要とされ、感謝やお礼の言葉を掛けられる事も多くあります。その結果として、訪問介護の仕事ではやりがいを感じる事が出来るのが大きな特徴となっています。訪問看護の仕事とやりがいについては・・・≪介護業界のやりがい探索

個別に自宅を訪問する介護では、それぞれの健康状態や持病の有無、利用者の性格など様々な点に配慮しながら介護サービスを提供しなければないけません。相性の合う利用者宅や介護の必要性が低い利用者宅での仕事は、職務に順応することも容易で働きやすくなるという特徴があります。訪問介護の職務内容としては、生活の援助が基本となる事から、昼間の限られた時間帯の勤務が大半です。従って、空き時間を利用して働く事ができるため、複数の利用者を掛け持ちし上手くスケジュールを組む事ができれば、効率の良い働き方も出来ます。

しかし、従来の訪問形式のサービスとは異なり、介護サービスを利用する方が増加してきていることから、より詳細な専門知識が必要になるケースがあります。場合によっては、利用者の健康状態や在宅療養の状況を把握する為に、医学的な知識も要求される事もあります。そのため、ホームヘルパーの職務内容としても、より専門性の高い知識や介護技能が必要とされ、それぞれが新たな資格を取得したり、研修に参加するなど自発的に介護について新たな知識を学ぶ事が求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です